初釜へうかがいました。

2024.02.04

こんにちは。

フリーランスインテリアコーディネーターの in F  山賀史子です。

2024年あっという間に1月が過ぎ、2月になりましたね。

1月も終わりのころ、初釜に松韻亭へ伺いました。

『どうする家康浜松大河ドラマ館』閉館後の浜松城は、駐車で混みあうことなくスムーズに到着。

天候は、新年の稽古始めに相応しく快晴に恵まれました。

 

毎年、楽しみにしている茶会のひとつは

テーマ」に沿って亭主が選ぶ、お道具やしつらえ。

今年は瓢箪や龍のモチーフが、大広間では雅に飾られ濃茶・薄茶、表千家定番の和菓子白いまんじゅう皮に、

緑色の白あんを包んだ常盤饅頭と彩りも美味しい懐石料理と、お腹も心も大満足です。

 

今回の訪問にあわせ着付たのは、結納の時に母が誂えてくれた想い出のある色無地の紋付着物。

3年前箪笥の奥から探してみたら、小さなシミがところどころにあり残念なことに、、、

そこで淡い若草色だった正絹を、思い切って深い紫色へ丸染めしました。

 

着物の裾にあしらわれた模様は世界三大刺繍のひとつ、スワトウ刺繍。

茶道をはじめ、着物を着る機会を得たからこそ 知った精巧な伝統技術でした。

 

その文様は若い頃には、気付けなかったこと。

 

結婚を控えた娘の為にどんな気持ちで着物や帯を選んでくれたのか、母の気持ちを想像すると胸がいっぱいになります。

これからは手入れを怠らず、大切に着たいなと 思います。

 

茶道をはじめるきっかけをくれた みなえさんと。

 

茶道のお稽古を通してかんじる自分の未熟さ、思うように出来なくて落ち込んだりと反省は尽きないのですが、

先生、社中の仲間方々に感謝し、人として成長していけるように学びを深めたい。

 

本日は2月4日、立春大吉。 

2024年 気持ちも新たに招運来福で進んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

 

in Fでは、インテリアデザイナー 山賀史子が一貫し 設計・レイアウト・小物のスタイリングまでトータルにコーディネートし、提案いたします。

忙しい皆様に寄り添い、ご自身らしい住まいつくりのお手伝いし健やかな生活の土台となる空間つくりを、全力でサポートします。

『こうなりたい! 未来の自分をつくるのは空間つくりから』

お部屋の状況やご予算に応じ、個々に相応しいアドバイスいたします。

 

インテリアプランニングに通常2週間頂いております。内装工事まで承る場合、

ご相談から見積・商品や工事手配に少なくても1~2か月は要します。

丁寧なヒアリングとこだわりをもち、柔軟に提案しています。

依頼の際は期間に余裕をもって相談くださいませ。

 

インテリアコーディネートの依頼はこちらから

ブログ村ランキング参加してます。 ↓↓↓応援のワンクリックお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログへ

 

インテリアコーディネートのご依頼はこちらのサービスメニューから御覧いただけます↓

フロー&サービス

 

Post Views: 147