2021夏 おすすめ映画は『アメリカンユートピア』

2021.08.20

こんにちは!

静岡県浜松市を拠点に活動中、フリーランスインテリアコーディネーター山賀史子です。

お盆休みを過ぎて、雨の日が続き少しずつ涼しくなってきましたね。

 

休暇中は遠出せずに、ゆっくりと家の片付けや事務仕事、ご依頼頂いてる内装のプランニングなどをしながら、すき間時間に映画を観に行ったり、プライムビデオを鑑賞して短い夏休みを楽しみました。

今日はこの夏に感動したオススメの映画をご紹介したいと思います。

 

ぜひ映画館で見て頂きたいのは、ディヴィッド・バーン×スパイク・リーの『アメリカンユートピア』。

 

2019年にブロードウェイのショーとして上映されたライブの世界観を再構築し、映像化した映画です。

コロナ禍で生演奏を聴くのもご無沙汰だったため、是非Live感を体感したいと映画館へ足を運びました。グレーのスーツを着て楽器を弾き、踊り歌うエネルギッシュな舞台を。

 

総勢11人のミュージシャンとダンサーを従え、シンプルな舞台の上でユーモアを交えながら政治的メッセージを観客に投げかけダンスするディヴィッド・バーン(なんと69歳!)の姿がとにかくスタイリッシュでかっこ良かったです。

 

単なるエンターテイメント性だけでなく、社会的なテーマも取り上げ問題を提起し、考えされられるのだけど決して暗くはならない寛容さがありました。

ディビットバーンがミュージシャンでありながら、クリエイターとしてのアメリカンユートピアを掲げ表現しようと緻密に計算されたクールなエンタメ映画です。

 

映画館での鑑賞でしたけど、実際のライブ会場にいるような熱い気持ちになり、うずうずと手足が勝手に踊りだしますよ。

いやー沢山パワーをもらいました!とてもよかったです。

私は特に白人のパーカッションの女性に目を奪われました。あんな風にリズミカルに音楽を刻めたら…どんなに楽しいだろう…と思います。

ご覧になった方は、お会いした時にぜひ同じ話題で盛り上がりましょう!音楽が好きな方にお勧めの映画です。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

『こうなりたい! 未来の自分をつくるのは空間つくりから』

お部屋の状況やご予算に応じ、個々に相応しい空間つくりアドバイス。

心地よさと暮らしやすさを応援します。

インテリアプランニングに通常2週間頂いております。内装工事までたまわる場合、

ご相談から見積・商品や工事手配に少なくても1~2か月は要します。

丁寧なヒアリングとこだわりをもち、柔軟にご提案しています。

依頼の際は期間に余裕をもって相談くださいませ。

インテリアコーディネートの依頼はこちらから

ブログ村ランキング参加してます。 ↓↓↓応援のワンクリックお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログへ

インテリアコーディネートのご依頼はこちらのサービスメニューから御覧いただけます↓

フロー&サービス

#浜松市 #フリーランス

#インテリアコーディネーター #インテリアコーディネート #依頼 

 

Post Views: 103