エアコン最新情報2018の選び方(基本編)

2018.05.03

こんにちは!
インテリアコーディネート事務所
『in F』山賀史子です。

徐々に日差しが、暑く厳しくなってきましたね。
今年の夏はエアコンの購入を、検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『種類も性能も多すぎ・・・』と どれを選んでいいのやら。
店員さんへ聞くのもひとつですが、ご自身で選べたら良いと思いませんか。

エアコン購入の際に、目安となるホットなエアコン最新事情2018のまずは、基本編をお伝えしたいと思います。


1,エアコンの畳数表記目安(基本編)

部屋に適正なエアコンのサイズ(容量)を畳数から選ぶには、
カタログなどの「畳数の目安」を参考にします。

冷房時 8~12畳
暖房時 8~10畳

とある場合、ご自身のお部屋で何畳に、相当するか迷いませんか?

冷房8~12畳とある場合、8~12畳で使用できると思いがちですが、実はこれが最初の落とし穴なんです~。

「木造住宅が8畳」、「鉄筋住宅が12畳」の部屋に適している
という意味なんです。(暖房も同じ意味です。)

これは、木造住宅よりも、鉄筋住宅のほうが密閉率が良いためです。

ゆえに

木造(平屋・南向き・和室)の場合
冷房8畳 暖房8畳
鉄筋(南向き・中層階・洋室)の場合
冷房12畳 暖房10畳
となります。

また一般的に暖房の方が適用畳数が小さくなるため、エアコンに余裕をもって稼働してもらうためには「暖房」の数値を目安にして選ぶことがポイントになります。

2,不適切な対応畳数のエアコンを選ぶとどうなると思いますか?

<実際の部屋の広さより小さな対応畳数のエアコンの場合>
・エアコンの効きが悪く、常にフルパワーで運転させることになり寿命が短くなったり、電気代が高くなります。

<実際の部屋の広さよりも大きな対応畳数のエアコンの場合>
・冷房が効きすぎるので本来使用しなくてよい電気を使ってしまい、電気代が高くつきますので省エネではありません。

3,性能の違いはどこで比べる??

目安の一つとして、省エネ基準があります。

省エネ性能の良し悪しは5段階の★マークで表されています。

この★マークが多いほど、省エネ性が高い機種ということになります。そして、省エネ性が高い機種は暖房性能も良く、快適性が高いです。

省エネ性能が高い=暖房性能も高いので、出来るだけ★マークが多いものを選びましょう。


まとめ

以上をふまえましてお勧めは、

・リビング
長時間ご家族でいる場所は断然、超省エネ機種がおすすめです。

高性能の機種は
高い清潔性を持ち、センサーなどの快適機能が自動で更なる省エネを行ってくれます。結果、長い時間使うほど電気代に差が出ます。

・居室
エアコン性能の優先順位(除湿、加湿、お掃除フィルターなど)を比較して、価格重視で選ばれたら良いでしょう。

居室には必ずと言っていいほど エアコンが付きます。
性能、デザインについても多様化していますので、インテリア空間を損なわない調和した商品をお勧めします。また窓のカーテンレールとの取り合いなど 取り付け位置含め、ご提案します。

エアコンのご相談も、
お気軽にお問い合わせフォームからメールくださいませ。

山賀史子プロフィール

問い合わせフォーム

インテリアコーディネーター事務所「in F」
静岡県浜松市北区 (詳しくは問い合わせください。)
営業時間:9時~17時
定休日:水曜日

次回はエアコンの性能とデザインについて、お話ししたいと思います。

 

 

Post Views: 356